4ポッドキャリパー
For Roadster

参考パーツ

価格、取り付けについてはASK

ブレーキの性能アップはドライブフィールを飛躍的に向上させます。

コーナーの手前までギリギリ攻めて、ググウっと止まる強烈なブレーキングは他に圧倒的なパフォーマンスを見せつけます。

正直なところ、4ポットキャリパーがストリートで必要か否かは難しいところです。タイムを争うサーキットにおいてこそ その必要性が出てくると思います。

海外のブレーキメーカーのキットを利用してロードスター用に設定することも考えましたが、販売価格が高額になることや、ブレーキパッドの選択性が非常に限られてしまうことなどを考慮すると、少々ラインアップには向かないと判断しました。

FISCOのNA1600レースに参加するにあたり、レギュレーション上国産ブレーキを仕様しなくてはならなかったので、FC3S、[RX‐7]用のローター、キャリパーを流用することにしました。

RX‐7が海外でも人気車種のため、国産、海外のパッドメーカーが色々なタイプのパッドを設定していることも見逃せません。

余談ですが、FD3SとFC3Sは同じパッドです。違いは、単にローター径のみです。

当社のデーターとして当然ながら、FD3Sの流用キットも揃えてありますが、ローターが大きすぎてとにかく重い。

また15インチのホイールでは干渉の危険性が十分にあるので一般の公開は止めます。

また、ロードスターの純正のマスターでは容量が不足気味なので、一発目のブレーキが奥に入ります。

この点はやはり重視すべきです。

つまり怖がってブレーキをかけているようでは本来の意味がまったくないからです。

当社のレース車両は、マスターの容量も計算してこのキャリパーを使用しています。

最近は国産の4ポットキャリパーキットがリリースされています。どれも300,000.yen前後の価格で少し(だいぶ?)躊躇してしまします。

良いキャリパーの条件は、熱に強く、圧力に負けずに本体が開かないことです。耐熱性は特殊シールを選択すること膨張率や熱伝導を考慮したピストンを使用することで補います。

本体(ボディー)の強化はアルミ材質とボルトの位置、数、およびその材質です。

最後に前後のブレーキバランスやサス、タイヤとのマッチングを考えてセットアップしなくてはならないことは言うまでもありません。


[Home][Order][Link][Parts List]

Sizuoka-Ken Sizuoka-Shi
Ushizuma 2106 Japan
P.O.No 421-2106


TEL 054-294-0076
FAX054-294-1312