コネクティングロッド
For Roadster

流用例

フェステバのピストンを流用。
右:純正ロッド
左:ファミリアターボ用

詳細はテクニカルアドバイスにて

適用 : NA6CE(B6)/NA8C(BP)
各部純正サイズと同寸 他社ピストンとの共用可能

Price: 145,000.yen/set (New Price) 

コネクティングロッドの折損は意外と多く突然に起こる。
ロッドが折れるとブロック、オイルパンを突き破りクランクは曲がり、ピストンはバルブを打ってしまう。
結果的にエンジン全体がダメージを受ける最悪の状態になる。純正ロッドでもパワーは出せるが、耐久性にかける。
チューニングエンジンの場合には、ぜひお勧めをします。
H断面を採用。
ショットピーニングによる表面処理。
航空機用のキャップボルトを使用。
高負荷の耐久性を向上させキャップの変形を最小限に抑えメタルの性能を維持する。

コネクティングロッド補足説明
純正のロッドを使ってもパワーは充分に引き出すことは可能です。

問題は強度になります。

 I型断面かH型断面かはエンジニア間で意見の分かれるところですが、当社はH断面を採用しました。

これがBESTとは言えませんが、現状自分たちが出来る最高のパーツといえます。

強度の面だけではなく、メタルベアリングの変形を押さえる為にも強化ロッドは必要です。

回転中のクローズドインは慣性力によるキャップの変形から起こるのですが、この変形時にクリアランスの変化が出てメタルのダメージが発生するわけです。

むやみな高回転を避けたチューニングを心がけるとか、精度の高い組み付けは言うまでもありませんが、やはり個々のパーツの耐久性を事前に考慮しなくてはなりません。

予算的に苦しければ、最低限新品のロッドを使ってO/Hをするべきです。


[Order] [Engine Parts] [Home]

Sizuoka-Ken Sizuoka-Shi
Ushizuma 2106 Japan
P.O.No 421-2106


TEL 054-294-0076
FAX054-294-1312