新型NCロードスター マルハ・パーツ情報


遊べるFRスポーツ。
マツダが続投してくれたNCロードスター。
マルハもガンバってアフターパーツの充実に努めます。

インプレッションとしては、先ず剛性感。これはもう全くの別物。
オープンで走っていても、屋根が有るくらいの錯覚をしてしまうほどの剛性があります。
内装もかなり充実して、一言で言えばかなりラグジュアリーな感じで、“お洒落”な様相。
快適な2シーターオープンってとこで、ユーザー層には年配の方も多いと思われます。
楽しく、軽快に、お洒落に、ちょっとラグジュアリーに・・・
本当に良くできている車です。

さて、ではスポーツ走行に関するポテンシャルとしては・・・
細かな部分は雑誌で紹介されていますから、ロード&スター誌、Air誌など熟読あれ。
雑誌屋の観点からは雑誌に任せて、車屋の観点から言えば、総合的にこれが結構高い。
と言うかかなり高いと言えます。
エンジントルク、ステアリングの反応、アクセルの反応(フライにしてはかなりのピックアップの鋭さ)、接地感、軽快感(車重が軽いこと)、剛性感、オープン時の風の整流、整備性、PPFの改良、前後の自重バランス・・・etc。

サーキットでの結果はまだまだ。
タイムはこれからグングン伸びてくると思いますが、ポテンシャル的には過去ロードスターの中で最も高いものになると思います。
新車が販売されてから間もないNCだけに、“いじる楽しさ”を求める方が圧倒的に少ないことは仕方がありませんが、数年後に多くのNCがサーキット場を走り回る光景を目の当たりにすることになってもなんら不思議ではありません。
現在、マルハではブレーキパッド、軽量フライホイール、クラッチ、ブレーキライン、サスペンション、RECAROシートなどから取り組みが行われています。勿論このほかにも機会があれば積極的にチャレンジしていきたいと思う次第です。
マルハの今後にご期待ください。

全開、軽快、FRスポーツカー。
NCロードスターの位置付けは決してラグジュアリーだけではありません。
マツダが考えた“今のロードスター”を是非多くの皆様にお楽しみ頂きたいと考えます。

[Home]