MARUHA MOTORS

BCダンパー/NBアッパー ストロークアップ仕様(純正ブッシュ)ロードスターサスペンション

ロードスター サスペンションBCダンパーNBアッパーストロークアップ仕様
BCダンパー NBアッパー ストロークアップ仕様純正ブッシュ (2017/7〜)減衰量調整ノブ付
BC Damper  NB upper Mount
code:BCD/NBMJ3 For 全車
¥168,480(¥156,000)

キット構成:
NB型純正アッパーマウント
スプリング(F8kg/R6kg)
ダンパー本体 のフルキット

機能:
15段クリック式減衰調整
アジャストブラケットによる全高調整式
リヤ側:ハイストローク仕様

適合 :
ロードスターサスペンション NA系/NB系 全車

概要


追補:
2017年7月より仕様が変わります。
従来品と比較して、リヤ側のストロークを20mmアップさせるために専用のアッパーシートを設け、それに伴いケース長・ロッド長を変更致しました。

また、スプリングとシートの間にフリクション低減のためのシートリング゙を介在させ、車高調整時におけるスプリング噛み込みや走行中のスプリング振動による摩擦を極力低減させる工夫が施されています。

減衰調整用にクリックノブを設け、軽い力でもノブが回せる工夫をしております。

バンプストッパーは従来品に比べショートタイプに変更、フリーにストロークする有効性をさらに確保し、20mmアップの仕様変更とリンクさせより充実したバージョンに変わりました。

BCダンパーは高性能、高品質、多機能を備えたマルハオリジナルのロードスター・サスペンションシステムです。
そして更にお求め安い価格とよりストリートドライブに徹したNEWスペック、NBアッパー仕様のBCダンパーが追加設定されました。


より多くの方に使って頂きたい。もっと気軽に使って頂きたい。
そんな願いのもと、マルハのトライは、まだまだ続きます。

従来モデルのピロアッパーマウントは大きなピロボールを使用し抜群の耐久性を誇るのですが、ストリートドライブにはその機能が返ってオーバースペックと考えられる方がいます。
更にコンフォートでマイルドな仕様をコンセプトに、ストロークを確保しながらコスト低減を図ったのが今回のNB型純正アッパーモデルです。

他部の形状、ストローク、ボディーケース、減衰力、ガス圧など全てにおいて従来通りのマルハ専用になっております。

ケースは放熱性の高い単筒式シェルケース、スチール製引抜鋼にオフブラックメッキ処理を施し、ピストンの低フリクション、対摩耗性を向上させています。
ピストンは46mmのクラス最大径を採用。 耐久性、容量共にトップクオリティーを誇ります。

減衰15段調整

シャフト先端(クリック式)で調整を行います。

新たに追加された専用アルミビレット製のノブは、ロレット加工を施し容易に減衰調整をできるように配慮されています。

幅広い減衰調整は峠〜サーキットまで対応可能。
目安としては、ハード方向は基本スプリングレート(F8kg/mm R6kg/mm)に対し+4kg/mmまで対応、ソフト方向は-4Kg/mm(Rはー2kg/mm)まで対応します。

アジャストブラケット(ボトムによる全高調整式)の採用により、ヘルパースプリングを使わなくてもスプリングを遊ばせることなく理想的な狙った車高のポジショニングが可能です。

NB型純正アッパーマウント

アッパーマウントはNB型純正品を採用。アッパーマウントの上下に位置するブッシュもそのまま純正品を採用しています。
アッパーマウント下部にビレット・アルミアッパーシートを使い、スプリングずれ防止を図っています。
純正品ならではのロングライフと低価格を狙った結果これだけの機能と性能を維持しながらリーズナブルな価格を実現。

乗り易さとダイナミックなステアを両立させたストリートドライブに於ける最高峰サスペンションの登場です。

ショートストロークばかりに意識を囚われることなく、最低地上高をクリアするストリートユースにも配慮を置きながらストロークを考える。
多くのユーザーに求められる課題を優先して作り上げています。

専用設計のアッパーマウント(ハイストローク仕様)

ロードスターNA.NBの泣き所は、リヤ側サスのストローク不足。
純正サスの構造からして、ストロ−クが確保しにくい面があります。
サーキット仕様に特化するほどに、ストリートでは使わない程の固いスプリングが装着され、結果的にストローク量は小さくなります。
ところがこれをしなやかに柔らかいバネを使って日常的な仕様に近づけるほどにロール量が増え、ストロークの課題がより浮き彫りになります。
最大の問題点は、全長にあります。
フロントの様に長いサスをリヤ側にも使うことができれば良いですが、シャシー取り付け部〜ロアアーム取り付け部までの距離は決まっていますので、これを覆すにはアッパーマウントの見直しが有効になります。

BCサス用 アッパーシート ハイストローク 20UP
Upper sheet 20mmUPSuspension
code:NC10-28-340_C For NB全車
¥3,240(¥3,000)

アッパーシートサスペンションMARUHA指定パーツ
Upper sheet suspensionMaruha set part
code:NC10-28-340C
¥1,566(¥1,450)

2017年7月より採用される新型アッパーマウントはNB用純正品をベースモデルとして、これを20mmアップさせるために専用型から興した完全マルハ仕様。 これに伴い、ケース長・ロッド長も再検討された専用仕様となっております。

ロッド

ロードスター サスペンションBCダンパーNBアッパー仕様

強度を十分に確保する為にロッド径に配慮しながら仕上げています。
15段クリックはロッドトップ位置(アッパーマウント部)。
シャフト(ロッド)径を大きく摂り、強度的も十分な性能を維持させながら、調整用シャフトと減衰用のメインシャフトとの2重構造になっています。

スプリングと減衰力

基本設定されているスプリングは F8kg・R6kgをチョイス。
ストリート向けに意識しながらも、コーナーアプローチに於ける粘り強い腰を前提に設定。
ガス圧、シムスタックの見直しを掛け、ストリートに於ける"しなやかさ"を更に追求しながらも、ハイストリート、スポーツドライビングのテイストを大事にするための8kg/6kgのバネレートです。

ストリートでの扱い易さとは、単なるゴツゴツ感を無くすだけではなく、素直なステアとストローク。ある程度のロール量を残しドライバーへの操作性に安心感を持ってもらえるような設定にしています。これらバランスを摂りながらF8kg・R6kgを選択しています。

車高調整

ロードスター サスペンションBCダンパーNBアッパー仕様

スプリング・ロアシートはアルミ製。
1回転で約2mm上下するピッチとなっています。

アジャストブラケット(ボトムによる全高調整式)との併用で、車高を変えることなくスプリング・プリロードの調整が可能、つまりスプリングの遊びを無くす為だけではなく、アジャストブラケットとの併用で車高とプリロードに対し幅広いセッティングが可能なのです。

スプリングの遊びを出さないようにロアシートをアジャストさせるだけではなく、ロアシートをさらに引き締めれば、より硬いレートを再現できます。車高が上がった分はボトムのアジャストブラケットを使ってローダウンさせる。
つまり、車高調整だけでなくスプリングのレート変更も上手く取り入れて、サスペンションチューニングをお楽しみ頂けます。

スプリングシート

アッパーマウントとスプリングの間に、専用アルミビレット製のアッパーシートを採用しています。
スプリングが常に安定してアッパーマウントに着座させるためです。
これにより、スプリングのズレは発生しません。また、スプリングとアルミアッパーシートの間にも専用シートリングを設け、スプリング噛み込みや振動による摩擦損傷を低減させています。

付属品

  1. 車高調整用のレンチセット
    ロードスター サスペンションBCダンパーNBアッパー仕様

アフターサービス

基本O/H(分解整備)可能。
又、各補修部品の個別対応にも応じます。

ショックアブソーバー本体交換

アブソーバー本体を新品に交換することで、常に最新の性能を保てます。
BCサスシリーズ/ショックアブソーバー本体単品 のページをご覧ください

セットパーツ

BCストリートとブッシュ交換を同時に行う作業セットです。ブーツ交換、アライメント調整を含みます。

セットパーツのページをご覧ください。

[Home]